●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

2015/12/23//Wed * 23:49
●○冬の海の幸

今日は朝から気持ち良い晴れ!近くの港では冬の魚がいっぱいあがってます!
島牧の冬の味覚、マダラにアンコウ、ヒラメやゴッコ、カレイ、ミズダコ、ホッケ、採れたてのお魚がいただけるのは海のそばならではです♪




2015/11/15//Sun * 23:41
●○

薪ストーブの上でコトコト、海水を煮詰めて今年も海の塩作りが始まりました。
薪ストーブの上には大抵お部屋の乾燥を防ぐために蒸発皿を置くのですがお水の代わりに海水を入れておくとミネラルいっぱいでなんとも言えない優しい味のお塩が出来上がり一石二鳥というわけなのです♪
「海」という漢字は、水の中に人の母がある、と書くのを知っていましたか?
海の水の成分には人が必要なミネラルが全て含まれているとも言われています。
昔の人たちは直感で母なる海を知っていたのでしょうか。
今年もこのお塩と自家栽培の大豆、そして今年はお米も育てたので麹まで自家製でお味噌を作っちゃおうと思っています!
去年まやちゃんが自家栽培のだだちゃ豆と自家製海の塩で漬けたお味噌を最近食べ始めたのですが、美味しすぎてお味噌だけでいくらでもご飯が食べられちゃいそうなくらいです。すっごく甘いの!
昨日ははるの畑の干した大根で味噌炒めを作ってみましたがこれまた甘くてほっぺが落ちそうでした。
最近お砂糖が体に良くないなんて言うけれど、昔はお野菜も調味料もちゃんと手作りしたものはみんなそれだけで甘みも旨味もいっぱいでお砂糖なんか必要ないくらい美味しかったんだと思う。
本当の豊かさとはなにか。
母なる海が、母なる大地がいつまでも美しくありますように。




2015/05/25//Mon * 15:00
●○ほお葉もち



これからほお葉もちつくるよ♪


2015/03/23//Mon * 22:40
●○薪ストーブキッシュ

201503232216475bd.jpg

今日は美味しそうなほうれん草があったので朝から薪ストーブでキッシュ!

メチャメチャ美味しそうに焼けました(^ ^)

素材は
昨日ニセコでお世話になった青麻芽農園さんの生産者応援野菜のほうれん草

せたな「ファームブレスドウィンド」まきちゃんとひろしくんの放牧黒豚のもも肉で作った自家製ベーコン。
今回はブナのチップで燻煙、チップも自分で削ると香りが違います。

せたな「村上牧場」けんごくんとたえちゃんのチーズ、カリンパ

壮瞥、たつかーむさんの平飼い自然有精卵

タルト生地には道産小麦にオリーブオイルを使い、生クリームも使わずに牛乳だけで、いくらでも食べちゃえるさっぱりなキッシュになりました!

大切に育てられた食べ物って本当に作り手の想いが伝わってきます!


2015/02/11//Wed * 23:51
●○薪ストーブパン

20150218234258489.jpg


今日も薪ストーブパン!

今回はけんごくんとこの牛乳でつくったカスピ海ヨーグルトからおこした自家製酵母です!
ヨーグルト酵母は簡単で初心者にも扱いやすいみたいでお勧めですよ〜。

今年の挑戦大二弾!
季節の地酵母を使ったパン屋さんを始めようかな♪
春は野いちごに山桜、夏は梅にトマト、秋は山ブドウにリンゴなどなどこの土地ならではの季節の酵母を使ったパン屋さんて楽しそうでしょ〜♪
もちろん北海道の小麦を使ってね!
そう思うとやっぱり小麦を育てるとこからやりたくなっちゃうな〜。


2015/02/01//Sun * 22:01
●○そば粉のスコーン

201502012143108bb.jpg

20150201214242962.jpg

薪ストーブでそば粉のスコーン!

リンゴの塩ジャムをそえて!


レシピ

そば粉のスコーン

そば粉(北海道産)100g
薄力粉(北海道産)60g
バター(生活クラブサツラク無塩バター)30g
ヨーグルト(けんごくんの牛乳で作ったカスピ海ヨーグルト)70g
はちみつ(島牧養蜂場のはちみつ)大さじ2
ベーキングパウダー(アルミニウム不使用)小さじ1と1/2

リンゴの塩ジャム

リンゴ(余市産減農薬)1つ
塩(自家製島牧の海の塩)ひとつまみ

手作りの木の器とスプーンでね!


2015/01/26//Mon * 21:41
●○奈良

20150201214239477.jpg

201502012142390fb.jpg

まやちゃんの実家の奈良へきてます!
空気があったか〜い!
古き良き町にも新しい風が。
奈良オーガニックマーケットに行ってきました。!

自然栽培のお野菜にお米、大和茶、蜂蜜に平飼いの卵、草木染めの衣服、パンやお菓子、などなどこだわりのオーガニックなお店がいっぱいでした。
ぜんぶ自然栽培のお野菜だけで作った「のっぺ汁」が最高に美味しかった〜!!
作っている方とちょくせつお話ができるのが「市場」の醍醐味ですよね!
今度自然栽培で育てる大和茶の茶畑を見せてもらえることになりました!楽しみ〜!

そして、クスクス野口ねいさん一押しの「まめすず」さんにもおじゃまできました!
http://www.mamesuzu-sweets.com/pineapple1/
昔から変わらない古い長屋、なんだかホッとする空間でした。

遠く離れた場所で初めて会う人たちなのに心に通じ合うものがある、なんだか嬉しいな〜!





2014/12/20//Sat * 23:12
●○お昼ごはん

201412202304465d3.jpg


お鍋のふたに耳を傾けると鍋底でパチパチとお米がはぜる音がしてシゼトモ玄米の炊きあがり〜!
肥料も農薬も使わない大地が育てたお米です。
はるも食べるたべる!と寄ってきました。(まだあんまり食べれないから手で遊んじゃうだけなんだけどね!)
今日のお昼ごはん。
自然栽培のシゼトモ玄米、はるの畑の大根でマヤちゃんがつくった切り干し大根の煮物、はるのじいちゃんが日高昆布と鮭の中落ちでつくった昆布巻きに漁師さんにもらったイワシを干したメザシ、ばあちゃんの漬けた白菜キムチに自家栽培の大豆でつくった手前味噌のお味噌汁。
陶器は馬渡新平くんと松浦喜英さん、どちらも北海道の土で焼いた器です。
お椀は北海道の木を使いぼくがつくったもの。
浄法寺の生漆を塗っています。
みんな大地から生まれいつか大地に還ることができるもの。
日本人はそんな自然と共にある暮らしを何千年もあたりまえのようにしてきました。
そしてこれからも。
「さくらの咲くところ」はそんな場所を目指します。


2014/11/22//Sat * 18:53
●○薪ストーブでパン焼き!

20141206184547b69.jpg


薪ストーブの中でこんなに美味しくパンが焼けるなんて感動!!
薪ストーブの中に陶芸の窯用の棚板をひき炎がおちついて熾になったタイミングで中へいれます。
ストーブの扉を開けるたびにふんわり膨らんでゆくパンに見とれちゃいました!
コンベクションのガスオーブンなんかよりずっと美味しく焼けますよ!
温度が高すぎると焦げるし、低いと生焼けになるので、熾の量と温度調節が微妙ですがすぐ慣れます。
薪ストーブのある方ぜひやってみて下さいね!
マヤちゃんの天然酵母パンますます楽しくなってきましたよ〜。
りんごからおこした酵母と道産小麦だよ!


2014/11/16//Sun * 23:05
●○海の塩

20141116230423309.jpg


今年も薪ストーブの上でコトコト海水を煮詰めて塩作りを始めました。
ミネラルたっぷり優しい味のお塩が出来上がります!
綺麗な海がなければできないお塩です。
私たちの暮らしと地球はいつも繋がっていることを忘れないように。

<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//