●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

2018/02/10//Sat * 22:01
●○えぞふじ最終回



後志版、えぞふじ最終回になります!

畑からパン

先日、念願だった石臼挽き製粉機を手に入れました。畑で育てた小麦を粉にしてパンを焼きたいと思っていたのです。自分たちで育てたお米が格別に美味しかったので、挽きたての小麦で焼いたパンもきっと美味しいに違いないですよね。はやる気持ちをおさえて、小麦の粒を石臼挽き製粉機で粉にしていきます。ふすまも一緒に入るちょっと茶色い全粒粉が出来上がりました。
春一番の種まき、粉になる前の小麦を目にしたのはその時が初めて、この小さな種が、いつも食べているパンや麺、お菓子の源なんだとしみじみ思いました。イネ科の雑草と見間違うほどそっくりな小麦の芽が可愛かったこと、小麦の葉をむしゃむしゃ食べる青虫がたくさん発生して一匹づつ手で捕まえたことも大切な思い出です。北海道では小麦の収穫は真夏の8月、文字通り小麦色に染まった麦畑で鎌を使い手で刈り取ります。刈り取った小麦は天日干しし、足踏み脱穀機で脱穀、そして、製粉です。
この小麦粉に、果物から取った自家製酵母と、湧き水、手作りの塩を混ぜ発酵させて、まきストーブで焼き上げます。ストーブの扉を開けた時の感動は言うまでもありません。焼きたてのパンの外側はパリパリで中はしっとり、小麦の香りがホワッと立ち上り、かむと優しい甘みが口に広がります。そのままなにもつけずにあっという間にたいらげてしまいました。
畑からパンが生まれるまでの巡り行く大地の物語は、食べるということの本当の豊かさと尊さを教えてくれているような気がします。

#えぞふじ




Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://simakomaki.blog91.fc2.com/tb.php/845-4a23c54d

[TOP]
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//