FC2ブログ

●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2016/03/11//Fri * 21:31
●○大地は呼吸している!

20160312213232c56.jpeg

「大地は呼吸している!」
その鼓動を私たちは聞こえているだろうか。

隣町、せたなで自然栽培の畑や田んぼをやっている山の会、富樫さんのところで、杜の園芸、矢野さんのフィールドワークとお話会がありました。
矢野さんは土の中の空気の流れが読める人。
本来自然が作り出した山や森の中の地中には水だけでなく空気の流れもあり淀むことなく綺麗な流れを作って流れているそうです。
しかし、私たちの身の回りにはいたるところに道路や側溝、コンクリートの護岸など水や空気を通さない人工的なものが溢れ大地を分断してしまっています。
その事が土の中の空気の流れを止め、森の木々や植物、畑や田んぼの作物の成長にも大きく影響しているということです。
地中の空気の流れを取り戻すだけで植物たちはぐんと元気になるそう!
地面に簡単な溝や穴を掘るだけで滞った地面の中の空気の流れをとり戻す方法も教えていただきました。さっそくこの春から畑や田んぼで実践してみようと思います。効果は直ぐにも現れるそうです。
普段、目には見えないけれどそれだけたくさんの空気が大地を巡っているということなんですね。
ダムを一つ作るだけでその影響はその谷に繋がる尾根から下流域、そして海までも広がるそうです。
人間本位の考え方が大地を壊し続けてきたこの半世紀。
矢野さんの自然に真っ直ぐ向き合う姿勢が胸に響きました。
自然と共にある暮らしをもう一度取り戻したい、そう想いを強くした3.11から5年目の夜でした。


Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://simakomaki.blog91.fc2.com/tb.php/801-00f7501b

[TOP]
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。