●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

2015/11/14//Sat * 23:40
●○イタヤカエデのテーブル



久しぶりにテーブルを作っています。
北海道の大地で育ったイタヤカエデの木。
その年輪には、枝いっぱいに花を咲かせたある春の朝の記憶、吹き荒れるある夏の嵐の夜の記憶も、黄金色の葉に包まれたある秋の日の記憶も、深々と降り積もるある雪の日の記憶もきっと刻まれているのだと思います。
そんな樹々たちの命をいただいたのだからこそ、少なくともこの樹が大地で生きてきた年月と同じ時間使うことのできるものを作りたいと思う。
板の表面は昔と変わらない大工さんが使う鉋という手道具で丁寧に削ります。
数ミクロンという厚みの木の削り屑がほわほわっと鉋からでるようになったら鉋削りが病みつきになりますよ!
日本の刃物は世界一の切れ味と言われるように鉋で削った表面はどんなに細かいサンドペーパーで磨くより滑らかになります。
木の文化の国と言われた日本、遥か昔から木を使う様々な技が伝えられてきました。
私たちは、ほんの数十年前まで家から生活のあらゆる道具まで木と共にある暮らしをしてきました。
私たちが木に懐かしさや温もりを感じるのはそんな記憶を心のどこかに持ち続けているからかもしれませんね。
時代が変わっても変わることのない大切なもの、もう一度見なおしてみませんか。


Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://simakomaki.blog91.fc2.com/tb.php/778-d7de666a

[TOP]
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//