●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2015/06/25//Thu * 22:43
●○観察会

今日は観察会の下見に賀老高原のさらに奥地に。
海岸はすっかり初夏のよそおいなのに標高が上がるにつれ季節は春へ。
狩場山の頂はまだまだ大きな雪渓に覆われています。
ここは海と森、そこに生きる動物たち、そして人々の営みが一重に繋がっていることを体感できる場所。海から水の流れをさかのぼりながら自然と人の暮らしの繋がりの原点を探る旅をしてみませんか。
詳しい内容が決まったらまたお知らせしますね!




太古より変わらぬ姿を残すブナの原生林への入り口で。



狩場山の雪解け水を一重に集めて。
この流れがぼくたちの飲み水となり田畑を潤します。



ノビネチドリ



トトロの傘みっけ!



自然はアートだ!



























クマさんの落とし物はフキの繊維でいっぱいでした。
香りもフキをちょっと発酵させたような爽やかな香り。
マヤ博士が言うには、クマはお腹の中に食べた
物が滞在する時間が短いのであんまり匂いがしないのだそうな!
この後クマさんの落とし物をいただいて帰ってきてはるの畑に蒔いてみました。
最近タヌキがイチゴを食べに来るのでタヌキ除けにならないか実験、実験!



森は霧の中へ


Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://simakomaki.blog91.fc2.com/tb.php/757-2660c993

[TOP]
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。