●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

2012/06/17//Sun * 23:19
●○フラワーソン

フラワーソンで見つけた花達、ほんの一部ですが紹介します。
僕達のグループは賀老高原での調査。
賀老高原の最深部、狩場山の登山口付近から林道を歩きながら出会った花達です。
まだところどころ雪の残る雨上がりの森は今春が訪れたばかり、芽を出したばかりの草木の優しい香りで包まれていました。
低い雲をかぶった狩場山の山頂付近はまだまだ大きな雪渓が残っていてこれから来る春を静かに待っているようでした。


オオカメノキ

森の中でひときは白くはえるオオカメノキ

ノウゴウイチゴ

ノウゴウイチゴ

ブドウマイマイ

ブドウマイマイ これも珍しいカタツムリ

スミレサイシン

スミレサイシン

ハクサンチドリ

ハクサンチドリ

タニウツギ

タニウツギ 今道端をピンク色に染めるくらいたくさん咲いています。

ノウゴウイチゴの実

ノウゴウイチゴの実 これでジャムを作るとおいしいんだ!

カタクリ

まだカタクリも咲いてるんですよ。

エゾイチゲ

エゾイチゲ

エゾノリュウキンカ

エゾノリュウキンカ

不思議な足跡

不思議な足跡?
これなんだかわかる人いるかな?
雪の上に鳥の足跡みたいなのがいっぱい。
上を見上げたらダケカンバの木しかなかったからダケカンバの種?

ミヤマハンノキ

ミヤマハンノキ

残雪の狩場山

残雪の狩場山

フキノトウ

フキノトウもまだ健在!

ノビネチドリ

ノビネチドリ ラン科で初夏の花のお姫様という感じ、まだつぼみでした。

シラネアオイ

シラネアオイ

フギレノオオバキスミレ

フギレノオオバキスミレ

チシマザクラ

チシマザクラ 
狩場山の語源はカリンパというアイヌ語、その意味は桜の咲くところ。
アイヌの人たちはなんて素敵な名前のつけ方をするんだろう。

深緑のブナ林

ブナの森もすっかり深緑です。






Comments on this preview ○●    

●○ 2012/06/19 19:20
ため息。野の花は本当に可憐でけなげ。写真うまくなったね。可憐さが伝わってきたもん。ウットリ和んじゃった・・・お弁当持ってか!
イイな~

●○ 2012/06/20 22:36
お弁当は時間がなくて帰ってきてから食べましたよ(笑)
雨上がりで低い雲がかかって写真を撮るのにいい光でした。
たくさんあったので考えずにシャッターを押したのが良かったかな!

> ため息。野の花は本当に可憐でけなげ。写真うまくなったね。可憐さが伝わってきたもん。ウットリ和んじゃった・・・お弁当持ってか!
> イイな~









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://simakomaki.blog91.fc2.com/tb.php/469-1775c6dd

[TOP]
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//