●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/04/21//Thu * 23:25
●○行者ニンニク

行者ニンニク

今島牧の海岸線の斜面はどこを見てもカタクリ、エンゴサク、エンレイソウ、キクザキイチゲなどの、
春の野の花で埋め尽くされています。
ほんの数日前まで枯れ葉で覆われていた地面があっという間に緑と花々の彩りに覆われていきます。

そして、今年も行者ニンニクの季節がやってきました!!
北海道人としてはこれを食べずして春が来たとはいえません!

さわやかなニンニクの香りに野生ならではの深い味わいは、
長く冷たい北海道の冬を乗り越えてきた体を一気に目覚めさせてくれます。
暖かな家の中で暮らすことのできるようになった今の時代でさえそう思うのですから、
きっとその昔、アイヌの人たちはこの瞬間を本当に心待ちにしていたのだろうと思います。

写真はまだ芽を出したばかりの行者ニンニク。
海岸線の急な斜面を登りきり、笹をかき分け人里はなれた場所へ探しに行くと、
ありますあります!人差し指くらいの太さの立派な行者ニンニクです。
これだけ立派に太いのはなかなか簡単には見つからないんですよ!
そして収穫するときも、全て根こそぎ採るのではなくて、
大きそうなものからいくつかだけいただきます。
ほかの株はまた来年までに大きくなってくれますからね。
人間が立ち入り過ぎなければ自然は自ら回復してくれるんです。

茹でて酢味噌に、天ぷらに、お肉で巻いてフライに、サクラマスと一緒にソテーに、などなどと、
これから毎日お客さんの料理としてテーブルに上がりますのでお楽しみに!

咲き誇る春の野の花と、野趣あふれる山菜に、日本海の旬の魚達、
春の島牧は自然の魅力いっぱい!

ぜひぜひいらしてくださいませ!











Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://simakomaki.blog91.fc2.com/tb.php/254-b7b7223f

[TOP]
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。