●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

2010/10/17//Sun * 00:00
●○子供のための木のカップ

子供のための木のカップ

札幌エコデザインアワード出品作品

「子供のための木のカップ」

直径       約80mm

樹種(左から)  さくら (とっては木酢酸鉄水溶液による染色)
         くるみ (とってはくるみの埋もれ木)
         せん  (とってはにれの埋もれ木)
         すべて北海道産

塗装       島牧産天然鬼ぐるみ自家精製オイルと島牧養蜂場の蜜蝋仕上げ 

接着剤      とっての接着には「株)シオン製」(http://www.xion.co.jp/index.htm)の
         にかわを主成分とした天然接着剤を使っています。


先日フィンランドへ行ったお土産にククサという手彫りの木のカップをいただきました。
それはカバの木できていてとっての部分にトナカイの角の飾りがついたとってもかわいいカップです。
フィンランドでは子供が生まれると幸せを運ぶものとして贈られるそうです。
そして一生物のマイカップとして使い続ける。
元は遊牧民たちの普段使いのカップだったみたいです。

同じ森林大国の北海道、暮らしの中で木のカップを使う文化があったら素敵ですよね。
木ならではの軽さと、落としても割れない丈夫さ、やさしい木の香り、
子供のカップにぴったりだなって思いました。

子供たちが野山を駆け回り森の中で湧き出る泉で木のカップを使ってのどを潤す、
そんな光景を思い浮かべながら。




Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://simakomaki.blog91.fc2.com/tb.php/185-b7a471bb

[TOP]
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//