●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2016/03/30//Wed * 23:33
●○エクストラバージンエゴマオイル

20160330221039f45.jpeg

20160330221041143.jpeg

20160330221042911.jpeg

20160330221043ad4.jpeg

20160330221445ca7.jpeg

搾りたてエクストラバージンエゴマオイル!!

5年越しの想い

昨日、上ノ国で無農薬でなたねやエゴマを育て油を搾っている天の川・菜の花工房の尾田さんに念願のエゴマ油を搾ってもらいに行ってきました。
以前から木の器に塗るエゴマ油を搾りたくて畑で育てていたエゴマの種。
なかなか油を搾ってもらえる所が見つからなくて5年分も貯まっていた種を搾ってもらいました。
乾燥が不十分だったりゴミがたくさん混じっていたりで最初なかなかうまく油が搾れず尾田さんにはご苦労をかけてしまいましたが、エゴマの種が搾られジワジワ〜っと油が出てきた瞬間は感動でした!
エゴマを炒った時のなんとも言えない香ばしい香り、そして、搾りたてのエゴマ油の美味しいこと美味しいこと!
これはもう器になんか塗れなくなっちゃいますね…。
搾ったあとの搾り粕もエゴマパウダーとして余すことなく食べられるそうです。
香ばしくてそのままパンやクッキーに練りこんでみたい!
約7kgのエゴマの種から約2kgの油を搾ることができました。
なにやら油も自給したくなってきてしまいましたよ♪

今回油搾りを体験させてもらって思ったこと、それは、本物の油は本当に貴重なものだということ。
今私たちはスーパーなどで簡単に安価なサラダ油を買うことができてしまいますがその多くは遺伝子組換えの種子を使い化学薬品を使った油の抽出をしたものです。
私たちはいつも効率と言う名の下に大切なものを忘れていないかな。
尾田さんの油搾りは低温圧搾、一つ一つ手作業で本来油のもつ風味を最大限に引き出す方法です。
心をこめて作られた尾田さんのなたね油にエゴマ油ぜひ味わってみて下さいね。
油の概念が変わってしまいますよ~!

天の川・菜の花油工房(http://ch7777.sapolog.com/)

スポンサーサイト

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。