●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2014/12/20//Sat * 23:12
●○お昼ごはん

201412202304465d3.jpg


お鍋のふたに耳を傾けると鍋底でパチパチとお米がはぜる音がしてシゼトモ玄米の炊きあがり〜!
肥料も農薬も使わない大地が育てたお米です。
はるも食べるたべる!と寄ってきました。(まだあんまり食べれないから手で遊んじゃうだけなんだけどね!)
今日のお昼ごはん。
自然栽培のシゼトモ玄米、はるの畑の大根でマヤちゃんがつくった切り干し大根の煮物、はるのじいちゃんが日高昆布と鮭の中落ちでつくった昆布巻きに漁師さんにもらったイワシを干したメザシ、ばあちゃんの漬けた白菜キムチに自家栽培の大豆でつくった手前味噌のお味噌汁。
陶器は馬渡新平くんと松浦喜英さん、どちらも北海道の土で焼いた器です。
お椀は北海道の木を使いぼくがつくったもの。
浄法寺の生漆を塗っています。
みんな大地から生まれいつか大地に還ることができるもの。
日本人はそんな自然と共にある暮らしを何千年もあたりまえのようにしてきました。
そしてこれからも。
「さくらの咲くところ」はそんな場所を目指します。
スポンサーサイト

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。