●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

2013/01/29//Tue * 22:41
●○佐々木十美さんの講演会

73531_477684385600227_888011106_n.jpg



NHKのプロフェッショナル(http://www.nhk.or.jp/professional/2012/0116/index.html)
でも紹介された給食のおばちゃん、佐々木十美さんの講演会に行ってきました!
ぼくがいつもお世話になっている松浦さんも企画のお手伝いをしてました。

十美さんは置戸町の給食の管理栄養士さん。
給食には地元の旬の食材を使い、
時には自ら山に山菜を取りに行き、畑にトマトをもぎに行く。
カレーのルーも小麦粉を炒める所から作り、味噌も自前で仕込むそう。
調味料もみんな丹精込めて仕込まれた手作りの本物の物を使っている。
一見、すごいことに聞こえてしまうけど、
本当はそれが当たり前でなければいけないことでもあると思います。
そんな当たり前のことをたくさんの人たちに話してまわらなければいけないほど、
今、日本人の食文化は崩れてしまっているということなんだろうな。
うち母も、ぼくが子供の頃からカレーは小麦粉を炒めてルーを作っていたし、
調味料も本物のものを選んでくれていた。
当たり前のようにそんな豊かな食生活を送って来たことに感謝しないといけないですね。

講演会のなかでは二つ試食があって、
一つは味噌汁。
ちゃんと昆布と煮干し、かつお節でだしを取り手作りの味噌を使ったお味噌汁。
お味噌は松浦さんちの3年物を使ったお味噌汁!
奥行きのある優しい味のお味噌汁でした!

もう一つはみりんの試飲。
三種類のみりんのを用意してあって味を比べてみるというものでした。
一つは琥珀いろでほんのりお酒の匂い、二つ目は無色透明香りもあまりなし、
最後は無色透明でほんのり酸の匂い。

先ずは琥珀色の一つ目、色だけでうちのと一緒のみりんだな〜とわかりました。
味も甘みに深みがあって芳醇な甘さです。
二つ目はさらりとしているんだけど薄っぺらなあまさ、
砂糖水を濃くしたような感じ。
三つ目は二つ目に酢を加えたような味。

答えは、
一つ目が、もち米と米こうじ、米焼酎だけで作った本醸造の三年熟成本みりん。
うちで使っているのと銘柄まで一緒で嬉しかった!

二つ目はタカラの本みりん、こちらは本みりんと書いてありますが、
醸造用アルコールを使ったまがい物。

三つ目はみりん風調味料、これは水あめに添加物を加えて作ったいわば合成の調味料です。

残念ながら、本物の本みりんはなかなか普通のスーパーでは売っていないことが多くお値段も高めです。
それでも、ちゃんと本物の味を子供たちに伝えて行きたいと言う
十美さんの熱い思いが伝わってきました。

そして、いちばん驚いたのはコンビニのおにぎりの実験!
中の具は梅干しだけのおにぎりを海苔を付けずにお湯にうかべます。
すると何やら光るものが水に浮いてくるのです。
浮いて来たのは植物油。
お米とお塩があればおにぎりはできるはずなのに、
原材料をみると添加物がいっぱいなのです。

ぼくがコンビニのおにぎりやお弁当を食べるのは、
年に数度あるかないかだけど添加物の欄を見ると食べる気がしなくなってしまいますものね。

食、農、衣、住にしろ、本当に大切なものはなにか?
まだまだ伝えてゆかなければいけないことがたくさんあるんだな〜と改めて思いました。!
食の大切さを一生懸命伝えて行く十美さんの姿に勇気を頂きました!

我が家で使っている調味料類は主にこちらの二つからです。
安心、そしてなにより美味しいがいちばん大切!

生活クラブ生協
http://www.seikatsuclub.coop/welcome/

らる畑
http://homepage3.nifty.com/raru/

そして、今日の講演のお手伝いもしていたシゼトモのみなさん

シゼトモ
http://www.farming.jp/

松浦さんちも素敵なところにあるんですよ。
大沼国定公園を見渡す小高いやまの中腹で、
家の横には栗の木と湧き水の泉があります。
その隣には可愛いヤギさんたちの小屋があって屋根では太陽電池が電気を作っています。
小屋のうしろには自然農の畑が広がり、
松浦さんの焼き物を焼く窯小屋があるんです。
松浦さん夫婦はあの福岡正信さんの農業塾で出会ったそうなんですよ。
そしてなにより可愛い三人兄妹が訪ねる僕らの心を癒してくれるのです!

冬場はじゅんさい沼でワカサギ釣りのガイドもしているそうです!
去年初めて釣りに行ったのですが、
釣りたてのワカサギの唐揚げが美味しすぎて釣ったはじからパクパクたべてしまいまさた!
じゅんさい沼はその名のとおりじゅんさいが取れる沼。
入り込む川がなく湧き水だけでできている沼でとっても水が綺麗!
ワカサギも美味しいわけなのです!
優しいお父さんが案内してくれるのでよかったら釣りに行って見てくださいね!
http://www.onuma-guide.com/

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//