●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/06/29//Fri * 23:26
●○自然と共に生きること

先日お会いしたせたな「山の会」のみなさんの牧場や畑を訪ねました。
自然放牧の牧場、もう10年間無肥料、無農薬、自家採種で育てているたんぼや畑を見せてもらいました。
本来生き物が持つ力をそっと引き出してあげるだけの農。
その畑で取れた大豆の豆腐やトマトジュース、チーズは本当においしかった。
不思議なもので、どれだけ誠実に生き物と接していたかが食べ物の味にも出てしまうものだなぁと思います。
とても一言では語れないけれど、
僕たちのむかうべき道はこの道で間違いないのだとその味が教えてくれているようでした。

大地のこと海のこと山のこと、自然のことを、深く理解するものがもっと尊敬される時代が来るべきだと思う。
なにも生み出すことを知らない駆け引きだけの政治をみているとあまりにも情けなくなってしまいます。

でも決して未来は暗くは無い!
だってこんなにもおいしい物を作ってくれる人たちがたくさんいるんだもの!

今回おじゃま出来なかったかたの畑にもまた行ってみたいと思います。


村上牧場

健吾君の牧場の牛達。
輸入の穀物飼料を使わず牧草だけで育てているそうです。
人懐っこくて側によるとおっきな舌でべろべろされてしまいました(笑)
高原から日本海を見下ろすように続くすばらしい景色の牧場です!

富樫さんの田んぼ

富樫さんの田んぼ。
一見何の変哲もない田んぼに見えますが、もう10年近く肥料も農薬も使わずに育てているそうです。
雑草が少ないのに驚きました。
お米のほかにも菜種や大豆、トマトも作っているそうですがみんな無肥料、無農薬!
その大豆で作った豆腐をいただいたのですが体にしみこんでいくように清らかな味でした!



スポンサーサイト

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。