●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

2011/12/30//Fri * 23:20
●○楽音楽日

愛ちゃん

しばらくご無沙汰してしまいました。
先週は納品で関東にそしてその足で四国へ。

徳島は神山の歌姫、宮城愛ちゃんの歌声に惹かれて「楽音楽日」平和な村の冬祭りに行ってきました。
楽音楽日は愛ちゃんのお父さんとお母さんが11年前に始めた音楽の祭典。
みんなで唄って踊って、お餅をついたり一緒にご飯を食べたりたくさんの笑顔いっぱいの心温まる素敵なお祭りでした。
毎年クリスマスのころに開かれて、
音楽だけでなく手作りのものやヨガ、プレゼント交換、お餅つき、子供たちも楽しめる楽しいお祭りです。
ぜひ皆さんもお邪魔してみてください!

四国へ行くのは6年ぶりで二度目、知らないはずの道のりを一路神山町へ、
知らないはずなのになんとなく通ったような気がと思っていたら、
神山の道の駅について記憶がいっきによみがえりました!
「そういえば6年前にここで一夜を過ごさせてもらったことがある!」って。
そんな偶然もあいまって大好きな歌姫さんに会える気持ちがいっそう高鳴るのでした。

愛ちゃんとの出会いは一昨年の中渓宏一さんの小樽から沖縄までの歩き旅。
ゴールの沖縄に歌を唄いに来てくれたのです。
僕は途中で旅を終えゴールだけお祝いをしに行ったのですがみんなは徳島で愛ちゃんの家にお世話になったそうです。
山の中で今でも薪のかまどでご飯を炊いて薪で沸かすお風呂を使い田んぼやスダチの世話をする生活をしながら音楽活動をするとっても素敵な歌姫さんがいるって聞いてからずっと行きたいと思っていた場所でした。
田舎育ちの僕としても自然と共に暮らしてきた愛ちゃんが生まれ育った土地を愛し音楽として表現する姿を、
その清らかな歌声がたくさんの人たちに愛されていることをとってもうれしく思います。

上の写真は愛ちゃん、僕の写真の撮り方が良くなくてきれいの写っていませんがとってもかわいいこなんですよ。
ファーストミニアルバム「Mahalo」が出ています。
その声に愛ちゃんが生きてきた全てが詰まっているそんな清らかな歌声です!
僕からも販売させていただいてます。
よかったらご連絡ください!

愛ちゃんの歌「サルビアの花」は去年のあっ君の歩き旅のスライドショウでも聞くことができます!
こちら→Celebration Earth Walk in Japan 2010

北海道でも愛ちゃんのライブをできたらいいなと思っています!

みんなで餅つき



それから愛ちゃんからいただいた案内です。
ぼくも以前署名しました。

=以下転載

京都の方でLiveをさせて頂いた時に、見つけた署名活動です。

もうすぐ2012年、
全ての生きものたちが幸せでありますように…
笑いあっていけますように…

またまたみなさんご協力宜しくお願いしますm(__)m

感謝


One Love,



=以下署名内容

★さようなら原発1000万人アクション

太陽と風、大地、自然の恵みをエネルギーに!~未来に生きる子供たちのために、私たちに今できることを。

全国1000万人署名にとりくみます。
ご家族、ご近所、お知り合いにもお声がけ下さい(一人が動くことから始まります)。

→原子力発電の新規計画を中止し、浜岡をはじめとした、既存の原子力発電所の計画的な廃炉を実施することを求めます。
もっとも危険なプルトニウムを利用する高速増殖炉「もんじゅ」および核燃料再処理工場を運転せず、廃炉することを求めます。
省エネルギー・自然エネルギーを中心に掲げた、エネルギー政策への転換を早急に始めることを求めます。

今こそ!
エネルギーシフトの流れを確実なものに~

☆呼びかけ人
・内橋克人
・大江健三郎
・落合恵子
・鎌田慧
・坂本龍一
・澤地久枝
・瀬戸内寂聴
・辻井喬
・鶴見俊輔

☆連絡先
さようなら原発1000万人アクション実行委員会

原水爆禁止日本国民会議(原水禁)
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-11総評会館1F
TEL03-5289-8224
FAX03-5289-8223

http://www.sayonara-nukes.org

愛と平和を*


2011/06/02//Thu * 23:53
●○Odashima Guitars

Odashima Guitars

一年ぶりに和寒のOdashima Guitarsに。
弟子が増えてとてもにぎやかな雰囲気。
これからますます楽しみだね!

製作中だったアーチトップギター。


2011/03/03//Thu * 22:02
●○道東の旅

一昨年、歩き旅の途中新潟は十日町でお世話になった彫刻家いわまさんのお誘いで先日数年ぶりに道東へ行ってきました。
いわまさんは大地の芸術祭「越後妻有アートトリエンナーレ」にも参加した土を使ったアーティストさん。
弟子屈でも十日町のような芸術祭で町おこしができないかとお誘いがあったそうです。

弟子屈は屈斜路湖に摩周湖、硫黄山、豊かな自然の魅力あふれる場所。
屈斜路湖の湖畔には無料で入れる露天風呂がいくつもあって白鳥たちを目の前に眺めながら入ることもできます。

北海道の地方はどこも人口が減り過疎の問題に悩まされています。   
地元に住んでいると当たり前になってしまってその地域の魅力に気がつけないことがあります。
外からの目線も大切にし地域の魅力をもう一度再発見再発掘しながら、
季節の移ろいとともにある豊かな暮らしを、自信を持って情報発信して行けるようになりたいですね。
これからの展開が楽しみです。


屈斜路湖
この雪原は実は湖なんですよ~。完全氷結した屈斜路湖。
夜にも湖の湖上探索してきました。

摩周湖
こちらは摩周湖。
二つの湖はすぐ近くにあってどちらもカルデラ湖。
それを聞いて何か気がつきませんか?
そうなんです、同じ場所にあるのに摩周湖は凍らないんです。(凍るときもあるそうです)
その理由は摩周湖の深さによるものだそうです。
水は温度により密度が違い対流するので深い摩周湖は湖全体の水温が下がるまで時間がかかるのです。








2011/02/19//Sat * 23:09
●○パタゴニア行き延期

パタゴニアへ家具を作りに行く旅、
チケットも取って準備万端と思っていたのですが去年に続きまた延期になりました。
日本からちょうど地球の裏側、簡単には行かせてもらえないみたいです(笑)
楽しみは未来にお預けということで次の機会を待つことにします。
ポールさん、このみさん、待っていてくださいね~!


2011/01/19//Wed * 23:00
●○Ptagonia

「パタゴニア」
そうあのアウトドアメーカーの名前にもなっている南米のチリからアルゼンチンにまたがる雄大な自然の広がる場所。
昨年の春、持続可能な家づくりを手伝いに、そして家具作りに行く予定だったのですがチリの大地震で断念。
(昨年の記事)
今年の春、北海道に雪解けがおとずれるころもう一度チャレンジすることになりました。
南半球のパタゴニアは夏から秋に移り変わるころでしょうか。
今回は友達の家族と共にオーストラリア経由のアルゼンチン回りで行くことに、
アンデスの山脈を越えてポールさん達のいるチリへ入ります。
途中オーストラリアではタスマニアへも足を伸ばそうと思っています。
世界で一番水と空気がきれいな場所といわれるタスマニアの自然も今からたのしみです。
タスマニアの自然について調べていたら、そんなタスマニアでも過剰な森林の伐採が進み、
その伐採には私達日本人の生活もかかわっているというそんな現実も見えてきました。
せっかくなかなか訪れることのできない場所へ行く機会をいただいたので、
木を扱う立場のものとして何か伝えてゆけることがあればと思っています。


余談ですが、パタゴニアの環境エッセイで北海道在住の写真家、伊藤健次さんのエッセイを見つけました。
アラスカの自然を写真と文章で伝え続けた星野道夫さんに継ぐ人として活躍されています。
ときどきうちのユースにもいらしてくれるんですよ。
日本海を挟んだ北海道の対岸、ロシアのタイガの森のお話です。

「誰もが流れのほとりで生きている」






2010/06/29//Tue * 01:02
●○wedding(3)

ホテルでの前夜祭が開け、ウェディング当日。
カリフォルニアの太陽をいっぱいに浴びた果物、ブラックチェリーやオレンジ、イチゴ、メロン、にベーグルとスコーンの朝食を戴き、午前中は散歩に出かけたり中庭のプールで泳いだりそれぞれが思い思いに過ごしていました。

観葉植物

午後になるとぞくぞくとクリスとジュディの友達が集まってきていよいよウェディングが始まるんだなという雰囲気になってきました。
映画やドラマでしか見たことのないアメリカのウェディング、どんなんだろうとわくわく!!
といっても日本でも結婚式は一度しか行ったことがなくて比べる対象があんまりないんですけどね。

僕が英語をちゃんと話せたらもっと楽しくレポートできたんだけど、話している内容はさっぱりわからなかった。
こういうときもっと英語の勉強しなきゃって思うんですよね。

ウェディンイグはホテルの中庭で真っ青な青空のしたで行われました。
クリスの住んでいたアパートの隣人、ロックシンガーのベンが司会、アンド神父の代わりみたいで最初にクリスとジュデイの紹介、何度も笑いが巻き起こったんだけど話の内容はわからなかった・・・くやしい。
クリスとジュディは性格は正反対、そんなことを話していたんだと思う。
クリスはアメリカ人ながら、繊細な心の持ち主で気遣いができる人なんです。
何度も日本を訪れたのは日本人に親しみを感じていたからなのかなっておもいます。
逆にジュデイはチャーミングなんだけど細かいことは気にせず何でも積極的に行動する人、
その性格に僕もこの後助けられることになるんです。
バージンロードをはさんで客席が用意され、バラのアーチを通ってクリスとジュディがご両親に付き添われ入ってきます。

wedding


僕が以前プレゼントしたジュエリーケースからリングを取り出し交換し、ベンがお決まりの文句「~これからの道のりを共に歩むことを・・」といった途中でジュディはもう「Yes!!」と答えてみんなをわらわせていました。
式の後は食事をしながら集まった人たちそれぞれのクリスとジュディとの思い出を語りあい、
ジュディは、女性陣から「私たちのクリスをとって・・」とさんざんせめられていました(笑)

♡JUDY

♡JUDY

ジュディ エリース

ジュディ!ドレス姿とっても素敵だったよ!
ジュディのルームメイトだったエリースは、今、アラスカの最西端のジュノーに住んでいるそう。
アラスカと聞いて真っ先に思いついたのは大好きな写真家「星野道夫」。
アラスカの写真で有名な日本のフォトグラファーを知ってるって聞いたら、
「ミチオのことでしょ!アラスカの自然を愛する人で彼のことを知らない人はいないわ」と言っていました。
星野さんて本当にアラスカの人たちに愛されていたんだなって想いました。
彼女はアラスカの豊かな森の中、ボーイフレンドが自分で建てた家で暮らしているそうです。
星野さんが住んでいたフェアバンクスの家は彼が亡き後、彼女の友達が住んでいるそうです。
今度案内してくれるって言ってくれました。
いつも写真の中に思い描いていたアラスカの風景が一気に目の前に広がってゆくそんな気がしました。
出会いって素敵ですね、このウェディングに招いてもらえたこともそう、こんなにも自分の世界観を広げてくれる。
ウェディングの後、彼女は大きなバックパックを背負ってモンタナへキャンプに行くと旅立って行きました。
今度はアラスカの大地で再会しようと言って。

dance

続いて中庭はダンス会場へ。
そして二人の子供のころの写真が上映されたりと和やかに夜は更けていきました。

オークランドへ帰ってきてからも、日本食を食べに行ったり中華を食べに行ったり、サンフランシスコの劇場でミュージカルを見たり、ビーチへ行ったりと盛りだくさんの日々でした。
そんなウェディングの余韻に浸ってるうちに、帰る日の前日ふとパソコンでメールチェックをしていたら日本時間の表示が23日の朝。
あれっ?僕は23日の午後に日本についているはずだったな?明日出発で大丈夫なのかな?と不安に。
チケットを確認したら血の気がさ~っと引いていきました。
やっぱり僕が帰る日は今日だった!!
時間を見たらもう飛行機はとっくに飛んだ後。
あ~あ、やっちゃった。
航空会社に一応電話はしてみたけれどfixできないチケットと一蹴されてしまいました。
しばらく動揺しながら、こうなったらもう1週間旅をして帰るかと開き直ってみたり、どうやってチケット探そうと落ち込んでみたりしていたら、ジュディが任せなさいって!
彼女がもう一度電話をしてくれたんです。
そしたら翌日の便にかえてくれるって、
思わず、It is amazing!! You got good wife!といってしまいました。
たった2$の手数料で変えてくれたオペレーターの方にも感謝感謝です。
次の日、クリスとジュディは展示会でロスへ行くというので電車の駅で名残惜しい別れをつげ一人サンフランシスコの空港へ。
そして、そしてまたやっちゃったんです。
僕の乗るはずの飛行機が目の前を飛び立っていきました。
今度こそほんとにconfusedしました。
ジュディになんて電話しよう・・・。
まあ、時間もあることだしまずはだめもとで聞いてみようと、カスタマーカウンターでI missed my fligt.
とつげ、チケットを出しました。
調べているうちに、「あなた昨日もじゃない?どうしてこんなことになったの?」
昨日も乗れなかったことばれていたみたい・・・。
しゃべれる英語を総動員して説明をしたつもりなんだけどよくわからなかったのか、僕がよっぽど困った顔をしていたからか(事実顔面蒼白だったと思う)「まぁ、いいわ、新しい便を探してあげる」と言って、
日本語の通訳もとおしてチケットと次の便の乗り場の説明をしてくれました。
ああっ、これで何とか帰れる!
満面の笑みでありがとうを言って、
なんてアメリカはいい国なんだって思いながら帰途に着いたのでした。
一歩を踏み出してみたら何とかなる!
困難を乗り越えてちょっぴり海外へ行く自身がついた気がしました。

ちゃんちゃん。

Chris and Judy!! Thank you for inviting me.
When I will get married someday,I want you to come to Hokkaido!










2010/06/28//Mon * 23:38
●○wedding(2)

翌日、ウェディングの行われるホテルへ。
サクラメントシィティの南、ヨセミテの近くのモークラムヒルという古き良きアメリカの開拓時代を思わせる小さな町のホテルです。
15人乗りのでっかいアメリカサイズのバンを借りてみんなで乗り込みいざ出発!
車窓からはこんな風景が広がっていました。

車窓

黄金色の草原にオークの木が静かに立っているそんな風景が延々と続いていました。
「オークランド」と町の名前にもなっているんだけどカルフォルニアには100種類ものオーク(ドングリの木)の木があるそうです。
やっぱりアメリカに行っても木が木になってしまうんです(笑)。

ホテルレガー

ホテルレガー、古い建物が並ぶ通りはさながら西部劇の一場面のようでした。

部屋

アンティークの家具で調えられたお部屋はとっても素敵でした。
やっぱりここでも家具をじろじろ見まくりました(笑)
ジュディの両親はアジア人にはベッドが高すぎてジャンプしないとのれないわって冗談を言っていました。

部屋2

夜になると町の人たちがホテルのバーにたくさん集まってきて歌を歌ったりダンスを踊ったりとってもフレンドリーな雰囲気。




2010/06/27//Sun * 10:48
●○Wedding(1)

6月17日、クリスとジュディのウェディングに行くために出発。
日本時間の午後5時に出発し、サンフランシスコには同日の朝11時に着、なんか頭がこんがらかります。
4年ぶりのクリスとの再会に、そしてジュディってどんな子なんだろうと胸が高鳴りました。
クリスとの出会いは以前こちらに(http://simakomaki.blog91.fc2.com/blog-entry-68.html)すこし書きました。

サンフランシスコの空港に降り立ち到着ロビーに出るとそこには懐かしい顔があるはず・・・
だったのですがまだ来ていないみたい。
一時間たっても現れないのでちょっぴり心細くなって電話をしてみると電話の向こうからは見知らぬ人の声が。
あれっ、電話番号変わったのかな、ということは新しい家の住所もきいてなかったし、どうやって連絡を取ろう・・と急に心配になってきたところ、後ろのほうから「へーイ!!シュ~ン!!」と懐かしい声が聞こえてきました。
短パンTシャツ姿にちょっぴりのばした髭、4年前と何も変わらない風貌に一安心。
空港の外に出ると、どこまでも青く澄んだ高い空に、乾期で黄金色に染まった草原、ああッ僕はまたカルフォルニアに来ているんだと実感しました。
4年間の近況を話しながら一路オークランドへ。
ジュディとの出逢い、愛犬のオーティスの死、一緒にヨセミテにトレッキングに行ったケビンとウタに子供ができたこと、以前住んでいたアパートの隣に住んでいたロックシンガーのベンはフィラデルフィアに引っ越したこと、4年前一緒に作った美術館のベンチが失敗で壊れてしまったこと、アラミダのみんなでシェアーしているワークショップはディーンにかわってクリスがボスになったこと、などなど、話しているうちに4年という月日があっという間に埋まっていきました。
途中、サンフランシスコで注文してあったエンゲージリングを受け取りに。
アクセサリーの作家さんに特注で頼んでいたみたい。
4年前に僕が作ってプレゼントした三角の小物いれをリングのケースに使ってくれるって言ってくれました。

新しい家はウエストオークランドの住宅街、以前教会にも使われていた古い家を買ってリフォームしたそう。
アメリカの家って外壁がほとんど木でペンキも手で塗ってるから味わいがあっていいんですよね。
けっこう広い庭があってトマトやきゅうり、ズッキーニ、パプリカやハーブ類、りんご、オレンジなど果物も作っていました。時折弾丸のようにハチドリも飛んでいきます。
クリスはジュディと家族を迎えに出かけるというので、時差ぼけでちょっぴり眠くなった僕は庭のベンチで横になっていました。
うとうとしていると、突然元気のいい日本語で「は・じ・め・ま・し・て、こ・ん・に・ち・は、シュ~ン!」と言う声が聞こえてきてジュディが現れました。
それもとってもチャーミングでいい子じゃないですか。
それから、台湾から来ているジュディの両親、親戚、クリスのグランマに親戚が一同にかえし大賑わい。
午後からはみんなでかの有名なアルカトラズの刑務所に行き、夜は友達も集まって庭でBBQパーティ!!


クリス
クリス

ジュディ
下、ジュディ 上、エリース 


グランマ
クリスのグランマ



2010/06/22//Tue * 17:34
●○From California

Chris and Judy wedding

I am going to California for Chris and Judy's wedding.
Congratulation!!


2010/06/08//Tue * 21:13
●○Celebration earth walk 2010 あっ君がんばってます!

Celebration earth walk 2010
北海道~沖縄まで日本縦断歩いて木を植える旅、あっ君頑張ってます!!
今、旅は群馬県まで来ているそう!
あかち君の作ったこちらのサイトであっ君の今日が見れちゃいます。

http://sites.google.com/site/celebrationearthwalk2010/

こちらは先日東京港区エコプラザでのあっ君の報告会、
あっ君が今日本の大地を一歩一歩踏みしめながら感じている生の声が聞けちゃいます。

http://celebrationearth.ning.com/video/celebrationearthwalk2010di-1

ぜひぜひ皆さんあっ君の旅を応援してあげてください!
もちろん参加も大募集しています!




[TOP] next >>
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//