●○ プロフィール

吉澤 俊輔

Author:吉澤 俊輔
1978年 1月 1日 生まれ
北海道は自然豊かな島牧村で育つ。
木の家具を作っています。
宿をやっています。
自然と人、人と人とをつなぐ
そんな暮らしができたらいいな

●○ 最新記事
●○ 最新コメント
●○ 最新トラックバック
●○ 月別アーカイブ
●○ カテゴリ
リンク
検索フォーム

2017/07/25//Tue * 09:53
●○Biastra



満を持してBiastra第9話公開です❗️

http://biastra.jp/i/relay/1933

3月から足繁く島牧に通い、密着取材を続けてくれているホッティーこと堀田健志くんありがとう!

島牧での暮らしの一端が少しでもみなさんに伝わればいいなぁと思ってます。
ぜひ読んでくださいね(^ー^)

合わせて島牧に想いを寄せる、まーくんと波多野さんの記事も公開されましたのでこちらもどうぞ!

そして、命あることに真摯に向き合ういつもの仲間たち、青い空流れる雲のたけさん、ニセコ蒼麻芽農園のテツさん、シゼントトモニイキルことのハルさん、Lalala farmのよっちゃんなどの記事もお見逃しなく!


2017/07/06//Thu * 08:36
●○自然栽培の畑




今日の北海道新聞のコラム、えぞふじ。
今回は「自然栽培の畑」というテーマで書きました♪

自然栽培という言葉を普通に新聞に書けるようになるなんて、時代は今変わろうとしているのですね。いや、もう変わってきているのかもしれません。
それもこれも、波多野さんをはじめ、先人の方々の努力の賜物です。
本当に感謝ですね。

「自然栽培の畑」

前回のえぞふじの田んぼに続いてですが、今畑が面白い!みなさんは自然栽培と言う言葉を聞いたことがありますか?農薬も肥料も使わず自然の摂理を大切にして、野菜たちの持つ生命力を最大限に引き出してあげる栽培方法です。
最近では、専門の雑誌が発刊されたり、僕の周りでも自然栽培で作物を作る農家さんが増えています。そんな人たちに触発されて始めた自然と共にある畑。先ずは育った野菜の美味しさに感動しました。本来の野菜ってこんなに美味しかったのだと。
借りている畑は10年以上耕作放棄されていた土地。畑には草や木が生い茂っていましたが、土はふっかふか。素人の僕にもこれなら元気な野菜が育つと思いました。近所のおばあちゃんにも、ここならいい野菜が採れるよ、と言われます。みなさん、自然に帰ろうとしていた土地が実り豊かなことを知っているんですね。
今、育てている野菜は約60種類。ちょうど春に播いた小松菜やカブが収穫できるようになってきました。今日はどんな料理に使おうかと考えるのもの楽しみです。夏野菜ができたらカレーを作ろう。大豆は冬に味噌を仕込みます。小麦ができたら、挽きたての小麦粉でパンを焼きたいな、と楽しみは増えるばかりです。
カッコウが鳴いたら豆を播こう、タニウツギ(別名、田植え花)の花が咲いたら田植えだ、明日の天気はどうだろう、と自然の移り変わりにも敏感になりました。
そしてなにより、安心できる美味しい野菜を家族や友達に食べてもらえるのが一番の喜びです。さらに地球にも優しいなら言うことなしですね。


2017/07/06//Thu * 08:35
●○宮城 愛 北海道ツアーinしままき




宮城愛ちゃんが5年ぶりに北海道へ帰ってきます!
ぼくが初めて彼女に会ったのは中渓宏一さんの日本縦断の歩き旅のゴール、沖縄で。その時まだ高校生だった彼女の偽りのないまなざしと澄みきった歌声に魅了されたのを今でも覚えています。

その後、彼女の暮らす徳島県神山町を訪ね、その音楽が生まれる原点を見せてもらう機会もあり、一回目の「小さな町の小さなマルシェ」に来てもらうご縁となりました。
今回は青沼さんが八雲キャンドルナイトへオファーしてくれて北海道ツアーが実現することになりました。
ぜひ北海道でもたくさんの人に愛ちゃんの歌を聴いてもらえたらと思います。

7月13日 19:30〜(19:00開場)

場所 ネイチャーin島牧島牧ユースホステル(まだ当日の宿泊もできますのでご連絡ください)

チケット 1500円(ワンドリンクつき、中学生以下無料)


宮城 愛
徳島県神山町、豊かな自然の中で薪を使う昔ながらの生活を営み、高校在学中から日本各地で数多くのライブを経験。自然の息遣いを感じさせる澄みきった歌声は、聴くものの心に深く染みわたる。母となり、また新しい想いを歌に込め、平和への道を進んでいる。

www.youtube.com/watch?v=1j1kcn_-VXg

こちらもご覧になって見て下さい。
http://tan-su.com/archives/4261

北海道ツアーの予定

https://www.facebook.com/oneloveai/posts/1824317687886059:0


2017/02/17//Fri * 21:59
●○よっちゃんの発酵講座




今年もよっちゃんの発酵ワークショップやります!
麹作りと発酵のお話です。

日時 2月27日(月)9時〜

場所 はるの家

定員8名(参加希望の方はメッセージをくださいね)

参加費2500円 (出来上がった麹1kg付き)

麹作りに使うお米は無農薬の天日乾燥で育てられた、島牧の波多野さんのお米です。

タイムスケジュール

8時45分 集合
9時〜10時 蒸し米
10時~ 種麹つけ
12時〜ポットラックランチ
13時〜よっちゃんの発酵講座
16時 解散
19~20時 1回目の手入れ(参加できる方は)
以降 2日間に渡って2~3回の手入れ後、出麹(完成)

待ち時間に、ランチをはさみつつ、甘酒作りや発酵のお話などの発酵講座があります。
ランチは一品もちよりのポットラックにしたいと思います。

講師 服部吉弘

ニセコのLaLaLaFarm(http://lalalafarm.com)主宰
自然栽培で野菜を育てるかたわら、麹作り、味噌作り、甘酒、塩麹などを製造

現在は二世古酒造の蔵人、寺田本家(千葉県)で酒造り研修、なかじの麹の学校で麹作り研修、ありがとんぼ農園(兵庫県)で味噌&麹作り研修

こちらによっちゃんのインタビューもあります!
http://biastra.jp/i/relay/1797



2017/01/18//Wed * 23:58
●○地球に抱かれた食卓

20170118235644f9a.jpg

20170118235645cf6.jpg

2017011823564661c.jpg

20170118235647f4f.jpg

島牧の魅力はなんと言っても海!

今日も丸山くんとふらりと港に寄ったらちょうど漁から船が帰って来たところで、気前のいい漁師のおじちゃんたちに袋いっぱいの魚をいただいてしまいました!
カレイにホッケ、モンケ(メバルの仲間)にカジカ、船からあがったばかりの鮮度バツグンのお魚たちです!
人生初の魚おろしに挑戦した丸山くん、なかなかの包丁さばきでしたよ!
さっそくお昼は魚焼き定食、美味しくてペロリと2匹づつ平らげてしまいました!
お味噌汁に入ってるあげ以外みんな島牧の食材でしたよ〜^ ^

魚焼き定食のお品書

土鍋炊き開墾の田んぼ米7分付きご飯
天然岩海苔とあげの自家製お味噌のお味噌汁
ホッケとモンケの自家製海の塩焼き
天然岩海苔の自家製佃煮
自家製大根の玄米漬け

大地と海、地球に抱かれたご飯ですね♪



2017/01/18//Wed * 23:55
●○島牧の農業

日本の農業革命はもう始まっているよ!「奇跡のりんご」の木村秋則さんと、「ローマ法皇にお米を食べさせた男」と呼ばれ、町をあげて自然栽培に取り組む羽咋市の高野誠鮮さんのお話。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50668

ここ島牧村でも自然栽培など持続可能な農業を推進していきたいと思っています。
島牧では、農協が解体され、25年も前から農薬や科学肥料を使わずにお米を育ててきた波多野さんが農家のまとめ役になり村の新しい農業の道を模索しているところです。
昨年は、自然栽培でトマトを栽培する友達家族が移住してきたり、農業の支援をしてくれる地域おこし協力隊がきてくれたりと少しずつ仲間が増えてきました。
村の新規就農支援制度も整いこれから島牧の農業が面白くなりそうですよ!
僕も、約1反の田んぼと2反の畑を借りてお米と野菜、果物を作っています。
10年以上放置され森に還ろうとしていた田んぼと畑の土は本当に豊かで、自然の持つ力に驚かされました。お米も野菜も本当に美味しいんです。
その源は、狩場山の中腹に広がる日本最大のブナの原生林から流れる清らかな水、そして、目の前の日本海から吹きこむミネラルたっぷりの潮風。その豊かな自然環境を活かした新しい農業が生まれる可能性を秘めている場所だと思っています!
島牧で農業をやってみたい、自然と共にある暮らしがしてみたいと思っている方がいたら気軽にご連絡下さいね。
僕たちも出来うる限りのサポートをさせていただきます♪


2017/01/14//Sat * 22:58
●○大地に還る



2016/05/26//Thu * 21:45
●○田植え

13238860_619937764824448_4547385145487078964_n.jpg

4月に植えたお米の赤ちゃんたちは元気に大きくなりました(草と共にね♪)
狩場山麓のブナの森からの雪解け水が田んぼ潤して代掻きをしています。
今週末、28,29日と今年も開墾の田んぼの田植えをします。
林だった休耕田を切り開くところから始まった開墾の田んぼ、2年目の田植えです。波多野さんから受け継いだななつぼし(自家採種3年目)に奈良の羽間さんから受け継いだ満月もち(自家採種2年目)せたなの富樫さんから受け継いだ白鳥もちを植えます。無肥料、無農薬、そして手作業なので田んぼにはカエルやオケラ、ドジョウにアメンボ、たくさんの生き物が楽しそうに泳いでいますよ♪大地の持つ力に任せたお米作りを今年も一緒にやりましょう〜!
今度は不耕起もやってみたいなと来年のこともいろいろ妄想してます♪

開墾の田んぼの田植え

日時
5月28,29日
9時半集合〜15時くらい

持ち物
長靴、汚れてもよい服装、飲み物、お弁当

27日も代掻きや田植えの準備をしてますのでよかったら来てね!


2016/05/19//Thu * 21:39
●○神秘の森へ

13240516_1574294159567707_3005542716819864174_n.jpg

新緑に包まれた雪原のぶなの森を歩きに行きましょう!

神秘のぶなの森へ
新緑の雪原を歩くネイチャーハイク

里はすっかり初夏の様相。でも少し足を伸ばせば山は雪景色。山の季節は冬から夏まで一足飛びです。
そのほんの短い期間に見られる春紅葉の雪原の森。のんびりと散策してみませんか?
みなさまのご参加をお待ちしています。

案内人 さくらの咲くところ 吉澤俊輔
島牧村生まれ、島牧村育ち。幼少の頃から狩場山を自分の庭のように歩き回る。木の物作り、家作りから、宿、畑、田んぼまで、持続可能な暮らしを提案する。

日時 5月22日    9:00~12:00

集合場所   
ネイチャーイン島牧ユースホステル 道の駅「よってけ島牧」隣

持ち物/服装  
飲み物・軽食・雨具 / 歩きやすい服装・長靴・帽子

参加費 1000円(保険代込み)

お問い合わせ  吉澤 (090-2055-5029)

主催  さくらの咲くところ    共催:島牧森林保全の会


2016/05/14//Sat * 22:59
●○山菜料理教室

13237615_1571444239852699_8571434430139306750_n.jpg


島牧で味わう 山菜料理教室

札幌の「青い空流れる雲」のたけさん、ことTakehiro Tominagaさんに来ていただき、料理教室を開催します!

普段、当たり前にしている「食べる」ということ、「おもしろい」と思ったこと、ありますか?

「物を食べる」ということを「歩く」「採る」「作る」「食べる」「話す」から、フルに感じようという企画です。

「さくらの咲くところ」が案内する、萌木色の森を歩きながらの山菜採りと、採りたての山菜を使った「青い空流れる雲」さんならではの、ひと味ちがったお料理でお待ちしています。

日程: 2016年5月18日
場所: ネイチャーin 島牧ユースホステル
タイムスケジュール:
9:30 集合
山菜採り
14:00~ 温泉(希望者のみ各自)
山菜の下処理
16:00~ たけさんの料理教室
18:00~ 夕食

参加費: 3500円
(山菜採りのみ参加、または料理教室のみの参加の方はご相談下さい。)

※温泉について
島牧には、泉質のいい温泉が3つあります。この時期、山に入るとダニがつくことがありますので、山菜採りの後は温泉に行かれることをお勧めします。

持ち物:
昼食、飲み物、長靴、カッパ、帽子、ナイフ、ビニール袋など
温泉に行く場合は温泉グッズ

定員:8名

お申し込み: facebookのメッセージか、090-2055-5029(吉澤)まで。


[TOP] next >>
copyright (C) 2006 しまこまき all rights reserved. [ template by *mami ]
//